なつみかんのグリムノーツ攻略 ブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつみかんのグリムノーツ攻略 ブログ

人気のスマホアプリ「グリムノーツ」のイベント・キャラ・ガチャなどの情報を掲載!

【シンボル】トランプを集めてカオス・アリスを追いかけよう!(その7)


スポンサーリンク

シンボルイベント「怠惰の国のアリス」の続きです。

f:id:sum_orange:20170210202038p:plain

 

前回のあらすじはこちらからどうぞ。

 

さて、カオス・アリスを追い詰めたと思った一行ですが…。

 

そこに現れたのはロキです!

f:id:sum_orange:20170225214144j:plain

 

アリスをカオステラーにしたのはロキのようですね。

f:id:sum_orange:20170225214321j:plain

 

しかし、どうやらアリスも自分の望みでカオステラーになったようです。

(ー_ー)!!

f:id:sum_orange:20170225214659j:plain

 

そして、ロキの登場に怯えだすカオス・アリス

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

f:id:sum_orange:20170225214948j:plain

 

アリスには、いつか素敵なレディになるという華やかな夢がありました。

f:id:sum_orange:20170225215114j:plain

 

しかし、そんな「いつか」は訪れないとロキは言います。

f:id:sum_orange:20170225215928j:plain

 

現実の世界に戻ったアリスは孤独な最後を遂げます。

そんなつらい運命を避けるため、アリスの物語を捻じ曲げたロキ。

f:id:sum_orange:20170225220043j:plain

 

今までのカオス・アリスの行動が理解できましたね。

物語が進んでもアリスは絶望するだけです。

そんな孤独な未来なら、誰だって行きたくないですよね…。

c(`Д´と⌒c)つ彡 ヤダヤダ

f:id:sum_orange:20170225220325j:plain

 

アリスのカオスの気配がどんどん膨らんでいきます。

f:id:sum_orange:20170225220939j:plain

 

そのとき、どこからともなく、ある人物が現れます!

f:id:sum_orange:20170225221352j:plain

 

白の騎士です!

f:id:sum_orange:20170225221703j:plain

 

あのロキをも瞬時に捕らえる白の騎士

f:id:sum_orange:20170225221831j:plain

 

一行も、彼の存在を忘れていました。

(^_^;)

f:id:sum_orange:20170225222111j:plain

 

白の騎士はレイナに「レイナの持っているアリスの真実」を伝えるよう指示します。

f:id:sum_orange:20170225222219j:plain

 

レイナの持つ真実とは…?

f:id:sum_orange:20170225222455j:plain

 

アリスの物語を好きな人はたくさんいます。

アリスの大ファンはたくさんいます。

だからアリスは、アリス・リデルは孤独なんかじゃないと。

f:id:sum_orange:20170225222638j:plain

 

前進するよう説得するレイナの言葉にカオス・アリスは混乱します。

f:id:sum_orange:20170225222848j:plain

 

白の騎士曰く、この混沌の暴走を止めれば世界は開けるそうです。

しかし、この白の騎士は何故ここまで内部事情に詳しいのでしょうか。

(・・?

f:id:sum_orange:20170225223119j:plain

 

泣いても笑ってもこれが最後の戦いです!

f:id:sum_orange:20170225223709j:plain

 

いざバトルへ!

f:id:sum_orange:20170223212809j:plain

 

決め手は剣アリス籠手アリスの挟み撃ち~

( ̄ー ̄)ニヤリ

f:id:sum_orange:20170223212904j:plain


スポンサーリンク
 

 

ついにカオス・アリスを倒した一行!

f:id:sum_orange:20170225224221j:plain

 

しかし、孤独な人生に戻りたくないカオス・アリス

いくら物語を本来の姿に戻すといっても、少しかわいそうな気も…。

(´д⊂)‥ハゥ

f:id:sum_orange:20170225224525j:plain

 

しかし、そんなカオス・アリス赤の女王が物申します。

f:id:sum_orange:20170225224644j:plain

 

未来には当然つらいこともある。

しかし、未来は悪いことだけではないと。

f:id:sum_orange:20170225225700j:plain

 

そして、赤の女王アリスに伝えます!

「その場に留まり続けるためには、全力で走り続けなければならない」

f:id:sum_orange:20170225230153j:plain

 

確かに未来にいけば、つらいことが待っているかもしれない。

しかし、未来にいけば、幸せなことも絶対にあるのだと。

f:id:sum_orange:20170225230623j:plain

 

赤の女王に説得されたカオス・アリス

f:id:sum_orange:20170225231002j:plain

 

ついに、前に進むことを決意します!

f:id:sum_orange:20170225231300j:plain

 

その瞬間、カオス・アリスからこの世界のシンボルである「トランプ」が落ちました。

アリスが未来を受け入れる選択をした証拠です。

f:id:sum_orange:20170225231434j:plain

 

ロキも負けを認め、すぐさま逃げ出しました。

f:id:sum_orange:20170225232013j:plain

 

そして、幽閉されていた白の女王も無事に出てこれました。

f:id:sum_orange:20170225232422j:plain

 

白の騎士も女王に会えてひと安心のようですね。

ε-(´∀`*)ホッ

f:id:sum_orange:20170225232528j:plain

 

しかし、主人公たちとは初対面だと言う白の騎士

そもそも、白の女王と一緒に幽閉されていたようです。

f:id:sum_orange:20170225232630j:plain

 

それでは、今まで一緒にいたあの白の騎士は一体何者だったのでしょうか…?

(?_?)

f:id:sum_orange:20170225232918j:plain

 

そして、主人公を呼ぶ赤の女王

f:id:sum_orange:20170225233000j:plain

 

主人公のことを気に入ったらしく、離れたくないようですね。

ですが…。

f:id:sum_orange:20170225233124j:plain

 

レイナが『調律』をすると、今回の出来事は「なかったこと」になり物語の登場人物はみんな記憶がなくなってしまいます。

f:id:sum_orange:20170225233308j:plain

 

残念そうな赤の女王…。

(´;ω;`)

f:id:sum_orange:20170226001757j:plain

 

キティ。

赤の女王の名前です。

主人公の心の中だけに、とどめておくことを条件で教えてくれました。

これはもう完全に恋してますね!

(*˘︶˘*).。.:*♡

f:id:sum_orange:20170225233607j:plain

 

今回の出来事について、レイナに謝るカオス・アリス

f:id:sum_orange:20170225234047j:plain

 

アリスの大ファンであるレイナは優しくフォローします。

f:id:sum_orange:20170225234141j:plain

 

どうやら、アリスも未来に進むことに希望を見出だせたようですね。

ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

f:id:sum_orange:20170225234259j:plain

 

そして『調律』をするレイナ。

f:id:sum_orange:20170225234433j:plain

 

全てを元に戻した主人公一行。

これで、今回の件は解決です。

f:id:sum_orange:20170225234638j:plain

 

しかし、白の騎士が2人いたのはどういう事だったのでしょうか?

f:id:sum_orange:20170225234509j:plain

 

この世界では「庇護者」を象徴する白の騎士ですが、それだけでなく、彼はある人を暗示した存在でもあるようです。

f:id:sum_orange:20170225234740j:plain

 

その人物とは一体…?

 

次回につづく…。

 

お話の動画版はこちらからどうぞ。

【グリムノーツ】怠惰の国のアリス(その8)【イベントアーカイブ】 - YouTube